カフェの未来~生き残りをかけたリニューアル~

>

SNS戦国時代 集客自動化の仕組みづくり

SNSを活用せよ

SNSのなかでも比較的使いやすく効果の即効性をだすのであればInstagramがお勧めです。Instagramは他のSNSに比べ写真、動画の投稿がメインになります。店内の様子や外の風景、提供商品の紹介にはとても適していると思います。
写真が主役になるので文章作成が苦手でも、挽きたてのコーヒー休憩のお供になんて一言添えるだけでも閲覧者へのアピールになります。facebookではアカウント作成時に実名登録になりますが、Instagramは匿名での利用が多いのでいいねが付きやすい傾向があります。SNSを始めて反応があるかないかは利用していくにあたりモチベーションの継続にもつながってきます。使用しているユーザー層は調査によると、10代~20代の割合がとても多いのでこの世代は「インスタ映え」全盛世代ですので来店してインスタ映えを連想させる写真投稿がポイントになります。

宣伝部長宜しくお願いします

SNSが軌道に乗り始めたら自らの発信のみならずお客さんに宣伝をしてもらいましょう。
Instagramでは「インスタ映え」する写真の話がありましたがインスタユーザーに自社の製品や店内の様子をアップしてもらうことで宣伝になります。更なる「拡散」を狙うのであればtwitterも見逃せません。twitterの特徴は拡散力です。文字制限があるため書き込める情報量はInstagramに比べると少ないですが、リツート機能で他人のツイートを紹介する機能は拡散するうえで効果の大きい機能となっています。
一度に数種類のSNSを管理するのは始めた内は負担が多くなります。逆にアカウントがあるのに投稿する期間があいてしまうとお店への不信につながりかえって逆効果になってしまいかねません。定期的な投稿を行うためにも負担を少なく気軽な気持ちで始めていける状態を作り上げることがSNS集客の第一歩になってくるでしょう。


TOPへ戻る