カフェの未来~生き残りをかけたリニューアル~

>

独立開業カフェの売り上げアップリニューアル

視覚を癒す

まず居心地のよい空間を作るために視覚から入ってくる情報である。初めに店舗の内装について触れていきましょう。
内装ですが店舗のカラーコーディネートはその店のイメージに直結しますので店舗のコンセプトやどんな客層に来てもらいたいかをよく考えることが必要になります。明るい軽快なイメージの店舗では赤、オレンジ、ピンクなど暖色を用いると良いでしょう。反対に落ち着いた雰囲気にするには、茶色やベージュ、緑などのアースカラー(地球の大地や植物などの自然物の色のことを指す。)を用いると良いでしょう。
また長年に渡り染みついた汚れや傷はそのままにしていませんか。癒しを求めてきたお客さんの気持ちが台無しです。今一度壁、床、天井と部位ごとに確認してみましょう。

聴覚を癒す

カフェと言われる場所では大きな音や声を出すには不釣り合いに感じますし、無音で静寂感に包まれてしまうのも違和感を受けます。カフェは雑踏の自然音や人々の会話が程よいリズムを刻んだBGMになっているではないでしょうか。また実際にカフェ店舗じたいに流れる音楽のBGMも居心地のいい空間作りには欠かせません。音楽のジャンルはPOPS、JAZZ、クラシック、オルゴール、テンポはスローテンポからミドルテンポの落ち着いたタイトルがいいでしょう。聞き入ってしまうよりは空気のように自然と耳に入りこんでくるBGMを選曲し聴覚に癒しを提供しましょう。自身の好みのジャンルがお客様の求めるBGMと合致するかは難しい課題になるとは思いますがお客様にアンケートと取ってみたり、曜日によって変えるなどの工夫があるといいと思います。


TOPへ戻る